【夢占い】泥棒が家に入ってくる/泥棒に盗まれる夢の意味

泥棒が家に入ってきたら恐ろしいですよね。ばったり出会ったら大変な事件が起きるかもしれません。

泥棒は家の中の高価なものだけを持って逃走します。逆に何もないところには泥棒はきません。つまり泥棒がくるということは、人がうらやむ何かを持っているということです。

夢はなんでもありなので、自分が泥棒になってしまうという夢もあるでしょう。この場合は人の幸せや財産に嫉妬していることになります。

泥棒に入られる夢の基本的な意味

泥棒に入られる夢は、自分と生活に満足していることを表します。すでにある程度の社会的地位があり、財産があり、一定以上の幸せを確保しています。

平均をはるかに上回る水準にあるため、残された心配は今までつくりあげてきたものを盗まれないかどうかという点だけです。その心配が夢にあらわれているのです。

この夢を見て運気が変化することはありません。実際に泥棒に入られるわけではありません。夢はほとんどの場合、無意識の警告であって、未来を直接暗示することはきわめて少ないと考えてください。

泥棒が家に入ってきて、ばったり会う夢

現実で起きたら一番怖いパターンですね。この夢はやはり上で説明したように「すでに満足している人」が見るものですが、加えて自分に不満を持っている人、自分の財産や地位を狙っている人が明確であるケースがほとんどです。

つまりあなたは今の地位、名誉、財産を奪いかねないライバルを知っています。そのライバルが虎視眈々とあなたの失敗を狙っているのも。その危機意識がこの夢を作ったのです。

対策は一つしかありません。そのライバル以上に、あなた自身がライバルを虎視眈々と注意するのです。

泥棒に宝石を盗まれる

宝石は愛や恋人との恋愛感情を意味します。あなたはすでに愛のある生活を送って、ある程度満足しているでしょう。

この夢は、その愛が奪われないかどうか不安であることを示します。宝石を盗まれたからといって、現実に愛を奪われる事態になるとは限りません。特に凶夢というわけでもないため、安心してください。

自分が泥棒になってしまう夢

泥棒関係ではこの夢が一番やっかいでしょう。自分が泥棒になってしまう夢は、誰かにふられた腹いせをしたい、自分の代わりに出世した人を引きずり下ろしたいといったネガティブな感情が強く働いていることを意味します。

この夢は、自分が他人の幸福を奪いたいことを表します。

次のページ

夏目 ユメ

最初は趣味から始めた夢占い。今では長年の研究をこうして記事にするのが日課です。

人の夢

More...