【夢占い】階段を上る/下りる夢の意味

行動・動作

階段は下りたり上ったりする時に必要なものです。階段を上るという行為そのものは前向きであり、幸福感が大きくなっているイメージを持ちますが、本当のところはどうでしょうか? 階段を下りたり上ったりする夢は実際のところどんな意味を持っているでしょうか?

階段を上る夢

階段を上る夢を見たら、恋心や希望が高まっているといえます。特に意識が恋愛に向いている場合は、階段を上る夢は異性との出会いや関係の発展を暗示します。

階段を上がる行為そのものは、苦労を乗り越えることを意味します。苦労やストレスを乗り越えることで、その先に待っている素晴らしい夢を叶えるわけです。そして苦労すればするほど、実現されたときの幸福は大きくなります。

そう考えると、階段を上る夢は、山登りの夢よりは吉運とはいえません。階段を上るだけだったら、いつでもどこでもできます。山登りは準備もいるうえに、相当な覚悟と体力が必要です。

階段を上っている夢は、苦労やストレスを超えて希望を叶えようとする気持ちがあることを意味するよ。全体的にはそこそこ吉という感じかな。

階段を下る夢

階段を降りている夢を見たら、勇気や希望がなくなっているあらわれでしょう。これは落ちる夢と共通している性質ですね。どちらもマイナスの運気、失敗の暗示と悪循環を意味します。

できることは一つ。とにかく希望を捨てないことです。ダメだと思っても諦めてはいけません。ダメな状況になっても次の機会で挽回しようと考えてください。

夢は現実とリンクし、良い状況はより良い状況を、悪い状況はより悪い状況を生むようなところがあります。こうした性質をアクセレーターといいますが、階段を降りている夢もアクセレーターになりやすい夢です。

もし今悪い状況にあり、階段を降りている夢を見てしまったら、状況はより困難になる可能性があるということです。

階段を降りる夢はちょっと悪い夢。状況が悪くなっても焦らないことが大事だよ!

階段を飛び跳ねる夢

階段を飛び跳ねる夢は、運気が上がったり下がったりする前触れです。

好きな人と別れても、すぐに別の好きな人が出てくるでしょう。試験に追われている人は、試験でいい点と悪い点を交互にとるかもしれません。

階段に限らず、飛び跳ねる夢は高いところにいくステップと、そこから転落するステップの二つからできているため、どちらかというと悪夢に分類されます。

階段が壊れて落ちる夢

階段が崩れたら落ちてしまいます。映画などでも、階段を上ったり下りたりしているときに階段が崩れて、真っ逆さまに落ちてしまう場面がよくあるでしょう。

階段は未来を作るための行動や決意を象徴します。階段を上ることで私たちはいい未来を作っていくわけです。平坦な道を淡々と歩いているだけでいい未来を作ることはできません。

その階段が崩れてしまう夢は、希望を叶えよう、夢を実現させようという気持ちが減退している状態を表します。

ひょっとしたら堕落した人の意見にのせられているかもしれません。堕落している人と付き合うことで、自分を安心させたいのです。「もう努力してもしょうがないよ。別にいいじゃん」などと内なる自分が囁いているのです。

もし階段が崩れて落ちてしまう夢を見たら、現実に萎えている可能性があるといえます。

次のページ

夏目 ユメ

最初は趣味から始めた夢占い。今では長年の研究をこうして記事にするのが日課です。

行動・動作の夢

More...