[夢占い]謝る/謝られる夢の意味と解釈〜土下座する夢を見たら自分を冷静に分析しよう

行動・動作

人に謝っている夢を見たことはありますか? 悪いことをして謝っている場合もあれば、ただなんとなく謝っているケースもあるでしょう。謝っている夢は、誰かに謝りたいというよりはもっと別のところに意識が向いていると考えられます。今回はさまざまな状況から「謝る」夢を分析してみましょう。

誰に謝っているかわからない

この場合は自分の隠していることがあるか、誰にも言えない秘密を持っていることを暗示します。

誰しも他人に言えない秘密を持っていますよね。その秘密を持っていることを無意識の自分に謝っているのが、この夢のポイントです。

異性に謝っている

異性に謝っている夢は、その相手が誰かわかっているときは、その人に好意があることを示します。まだその気持ちを伝えていないか、その気持ちを自分自身が強く認識していないか。

異性に謝っている夢を見たら、新しい恋が生まれるチャンスかもしれません!

土下座している夢

土下座は日本でしか通用しない、卑屈な謝り方です。あえて土下座をするという人もいるでしょうが、一般的にはやる方も見る方も気持ちよくありません。土下座、そして卑屈すぎる謝罪は、自分で自分を見失っている凶運をさします。

ただなんとなく笑って、ただなんとなく話をしていませんか? 誰かがしゃべったら適当にあいづちをうつ。なんとなく電車に揺られて会社や学校に行く。ただなんとなく買い物をしてお菓子を買う。なんとなく…なんとなく…。こうしたなんとなくが続くと、自分で自分を見失うことになってしまいます。

土下座は卑屈というよりは、自己の欠如を表します。この夢を見たらプチ旅行に出かけるなどして、自分を冷静に見つめる時間をまとめてとりましょう。

次のページ

夏目 ユメ

最初は趣味から始めた夢占い。今では長年の研究をこうして記事にするのが日課です。

行動・動作の夢

More...