[夢占い]歌っている夢の意味と解釈(異性/同性と歌う夢、ステージで歌う夢)

2018.06.09

歌を歌っている夢は自分を主張したい気持ちを表しますが、異性と歌っているか同性と歌っているかで少し意味が変わります。

今回は「歌」というポイントに的を絞って歌っている夢を細かく分析していきましょう。

異性と一緒に歌っている

異性と歌っている夢は、その相手をちょっと意識している自分や、すでにその人と恋仲にある状態を意味します。歌っている相手はあなたの恋人でしょうか? そのときは今後もきっと仲良くやっていけるはず!

まだ恋人になっていない場合は、あなたの心がけ次第ですばらしい関係を作ることができるでしょう。一緒に歌っているくらいあなたは積極的です。予知夢という言葉があるように、相手が自分の誘いにしたがって歌っているということは、あなたの気持ちに相手がこたえてくれる可能性が高いということです。

同性と一緒に歌っている

同性の人と歌っている夢は、その人と深い友情で結ばれていることを意味します。なにか大きなことを一緒にやろうとしているときにこの夢を見たら、その目標は必ず達成されるでしょう。

大切なことは信用することです。この夢では信用が歌という形になって出てきたわけです。

ステージで歌っている

ステージで歌っている夢は自己主張したいと思っているあらわれです。ステージは多くの人の前で歌を披露することを意味します。大勢の前で自分の意見を言いたいほど、強い意志や燃えるような意欲が自分に芽生えていると考えられます。

この夢を見るときは、実際に大勢を相手にした仕事にとりかかろうとしている状態かもしれません。夢占いで凶運としている「隠れる夢」は現実逃避を意味しますが、隠れる夢でなくステージで歌う夢を見るということは、自分に決意や覚悟があるというあらわれです。全体的にこの夢は吉夢とみなされます。

ステージで歌を披露する夢は吉夢だよ! 逃げも隠れもしないで自分を主張することは基本的にすばらしいこと!

マイクを握りしめる夢

マイクは歌を歌うために「あるといいもの」ですが、自分の声をより響かせようとすればマイクはやはりなくてはならないものでしょう。

そのマイクをずっと握りしめている夢は、自分の心や気持ちをわかってほしいと訴えていることを意味します。愛を告げたい人がいたら、気持ちを潔く伝えてしまうといいでしょう。これがいいチャンスです。

激辛おばちゃんの姓名判断

四柱推命館の姓名判断

十二星座

キャラクター占い

漢字辞典

色辞典

© ユメの夢占い診断