夢占いで知ってほしい悪夢のまとめ。追われている夢、刺される夢、海で溺れる夢など。

行動・動作

悪夢にうなされて起きた経験のある人は多いでしょう。

頻繁に悪夢を見るという人は生活習慣や睡眠のリズムに問題があるかもしれませんが、そうでなくても悪夢を見ることはあります。

今回は夢占いから悪夢をおおまかに分類し、それぞれがどんな意味を持っているか、または未来を暗示しているかを紹介します。

悪夢を見たからといって悲観する必要はありません。

大切なポイントは自分をよく理解し、自分を変えていくということです。夢占いはその一助にすぎません。

1位・海で溺れている

最もきつい悪夢の一つが、海で溺れてしまう夢。

これは今の自分が深い悲しみや絶望に打ちのめされていることを示します。

同時につらい自分をわかってくれる人がほとんどいない状況も考えられます。

私たちはもともと赤ちゃんだったときに水に囲まれていましたが、それは水中でも呼吸できたからですね。今の私たちは水中で呼吸できないことを知っています。

水で溺れるというのは、耐えがたい苦痛です。すぐに死んでしまうよりもずっと大変です。

それを夢で見るということは、生きているのが本当につらいと思ってしまうような過去や現実があるからかもしれません。

この夢を見たあとは、会社や学校を休むなりして自分なりに落ち着いて過ごすようにしましょう。休養と睡眠がなによりも大事ですよ。

2位・鏡で誰かを見ている

鏡で誰かを見ている夢は、本人にしかわからない独特な恐怖があります。

なぜこんなことをしているのだろう?という自分自身に対する違和感。この悪夢は、自分に屈折した気質があることを暗示しています。

もし誰か強力なライバルがいて、そのライバルを鏡を通して見ていたら、ひょっとするとそのライバルをどんな手段でもいいから引きずり落としてやりたいと思っている自分がいるかも。

鏡で誰かをのぞいているような夢を見たら、自分を前向きに楽しい方向に持っていくように意識しましょう。

3位・追われている夢

最も典型的な悪夢が、得体のしれないものに追われている夢です。これは仕事や勉強で忙しく、時間にいつも追われているときに見ます。映画さながらに自動車やバスに乗って、そのうえで誰かに追われているという場合もあるでしょうが、それも同様です。

この悪夢は、忙しさのあまり生活習慣に目を向けていないときに見る可能性があります。忙しいとついつい深夜まで起きていたり、朝寝坊したり、食べなくてもいいときに食べたりしてしまう。そういった細かい習慣の乱れがあって、無意識レベルの自分が理性に警告している。それが追われる夢となってしまうのです。

対策は一つしかありません。忙しくない生活に変化させること。忙しくても、なるべく睡眠を多くとることです。

4位・家に隠れる夢

家に隠れる夢も凶夢の一つです。この夢は、苦しい現実から逃れたいという気持ち、つまり現実逃避の気持ちが大きくなっていることを表します。

また、コミュニケーション力が低下して内向的になっています。夢の通りになっていないか、次の項目をチェックしましょう。

現実は夢に影響しますが、夢もまた現実に影響します。夢を見て「ああ、自分はひょっとしたら○○なんだな」と思うことがありますよね。

この夢を見たら、きちんと意識しない限りコミュニケーション力が落ちて、運気も下がっていくでしょう。

5位・刺される夢

ナイフなどで刺される夢は、そのときは悪夢だと思いますが、夢占いでは吉夢と判断されます。

刺されるということは、文字どおり自分が傷ついてしまうということですが、これは自分の短所や悪いところを誰かが直してくれているとみなすのです。

例えばちょっとしたさじ加減で損していることはありませんか? 夫や妻や家族に小言と言われていませんか?

うるさいなと思う小言でも、その小言で自分を成長させることができます。そういった機会があるときに刺される夢を見ます。

胸などを刺されたら、自分が飛躍的に成長できると考えて、楽観的に過ごしましょう。必ずすばらしい未来を達成できるはずです。

次のページ

夏目 ユメ

最初は趣味から始めた夢占い。今では長年の研究をこうして記事にするのが日課です。

行動・動作の夢

More...