夢占い〜森の夢は人間関係を表す。光が木に降り注いでいるかがポイント!

自然

森は人間関係を表します。森が夢に出てきたら、人間関係に変化があった可能性があります。夢に出てきた森は、光がさしこんでいる明るい森でしょうか。それとも鬱屈とした暗い森でしょうか。森の状態で今後の人間関係を分析してみましょう。

光のある明るい森

光はイメージどおり希望や幸せを表します。光が中までさしこんでいる森は、人間関係にいい兆しが見えているといえます。なにか問題があっても、周囲が助けてくれるかもしれませんよ!

光のある森は、交友関係の広がりも感じさせます。この夢を見たら、積極的に友だちの輪を広げていきましょう。

光のある森を異性と二人で歩いている夢は大吉です。その異性とまだ交際していなかったら、将来その人といい関係になれそう。もしすでに恋人同士だったら、さらなる関係に発展するでしょう。結婚も見えてくるかもしれませんね。

明るい森は交友関係の広がりや、恋仲を深める未来を予感させます。困ったことがあったら助けてくれる人も出てくるでしょう。

光が届かない暗い森

暗い森は人間関係で迷走している予感があります。もし八方美人のところがあったら、しばらくは裏表のある感じをひかえたほうがいいでしょう。人によって態度を分けていることに不満を持っている人が周りにいて、その人の反感が自分のストレスの大きな部分になりつつあるのです。

自分が弱い立場にあり、誰かに従っているような感じの方は、権力を持っている人にしばらくふりまわされることになるかもしれません。暗い森でトボトボ一人で歩いている様子からイメージできるように、困っていても助けてくれる人があまりいません。

夢で暗い森が出てきたら、人間関係よりは自分の内面世界を磨くような生活リズムに変えましょう。自分は自分、他人は他人という区分が必要です。あなたはかけがえのない一人の個人です。誰の命令で動く必要はありません。大切なことは、自分を大切にすることです! もっと大切なことは、自分を大切にしようという意識です。

次のページ

夏目 ユメ

最初は趣味から始めた夢占い。今では長年の研究をこうして記事にするのが日課です。

自然の夢

More...