食事の夢占い:食べる夢はどんな意味?食べて吐いてをくりかえす夢は?

食事・飲み物

食べる夢は意外にわかりにくい夢の一つです。実際にハンバーガーを食べたくて、あなたはハンバーガーを食べる夢を見たのかもしれない。実際にホットケーキを食べたくて、ホットケーキを食べる夢を見たのかもしれない。

食べる夢の半分くらいは単にお腹が減っている状態をさします。そしてもう半分は現在または過去の状態をさします。食べる夢は未来にほとんど影響しません。もちろん過去と現在の延長に未来があるので、まったく影響しないわけでもないですよ!

夢を見ている間ずっと食べている

相当お腹が減っていたのかもしれません。もしそうでなかったら過去の不愉快なことを無意識の自分が永遠に再認識・再確認していた可能性があります。

嫌なことがパッと浮かんで一時的に胸が苦しくなることはありませんか? そうした不快さは食べすぎているのに食べている感覚を実は似ています。もし永遠に食べている夢を見たら、過去をいつまでもふりかえってウジウジしている自分がいると考えて、そうした後向きな自分をさっさと捨ててしまってください。

あくまでもお腹が減っていた可能性は捨てないように…。

食べては吐いてをくりかえしている

吐く夢は吉夢です。吐くことで、たまっていたストレスやフラストレーションを出しているのです。これは現在進行形で行われているでしょう。

食べては吐いて、食べては吐いてをくりかえしている夢は、ストレスを入れては出して、ストレスを入れては出してのくりかえしを意味します。あなたはきっとうまいストレス発散法をすでに発明しており、実践しているでしょう。仕事や勉強で心にストレスをせっせと運搬して自分を磨きますが、ジムに行くなどしてストレスをうまく吐きだしている。

こうした現在の習慣が食べては吐いてという不思議な夢につながっている可能性があります。

食べていたものは重要ではない

なにを食べていたかはあまり深く考えなくてもいいかもしれません。ケーキでも、ステーキでも、白ごはんでも、バナナでも、チョコレートでも、それが本当にそれかどうかわからない夢に深い意味はほとんどありません。

夢占いは夢の明確さを重視しています。加えて当メディアは「人は夢をそこまで細かく見ていない」と考えています。ケーキを食べていたのか、ホットケーキを食べていたのか。「本当はなにを食べていたのかな〜」と漠然としていたら、それは分析する必要がない夢です。

…とはいえ、食べていたものが夢ではっきりとわかった場合は、食べていたものが暗示するイメージを考えたほうがいいでしょう。夢占いでは「はっきりしているもの」を第一に考えるからです。

アイスを食べている夢

アイス(冷たいとはっきりわかるものでもオッケー)を食べる夢はちょっと独特。この夢を見たら、誰にも言えない秘密がありながら、自分でそれを暴露したいと思っている可能性があります。

もしパートナーがいたら、勇気を出して秘密を言ってしまうといいかもしれませんよ!

誰と食べていたか

一緒に食べていた相手がわかっている夢は、食べているものよりもそちらをポイントに置くといいでしょう。一緒に食べていた相手は誰でしたか? 家族か、恋人か、芸能人か。

家族と一緒に食べる夢は、現実に満足している状態を表します。きっと幸せな毎日を送っているのでしょう。恋人と一緒に食べている夢も同じく、その人とうまくいっている証拠です。

芸能人と一緒に食べている夢はどうでしょうか? これは自分が今好きな芸能人、あるいは気になっている芸能人に憧れて、その人と一緒に過ごしている時間を夢で過ごしていると考えられます。

次のページ

夏目 ユメ

最初は趣味から始めた夢占い。今では長年の研究をこうして記事にするのが日課です。

食事・飲み物の夢

More...