夢占い〜ドア(扉)を開ける/閉める/壊す夢とは?ドアノブをガチャガチャ鳴らす夢の意味は?

家具・インテリア

ドア(扉)は自分と環境をつなぐものです。

ドアを開ければ新しい部屋が待っているように、心の扉を開ければ新しい世界と未来が待っています。

心のドアは私たち一人ひとりが、自分の心につくっていくものです。希望にいたるドアもあれば、絶望にいたるドアもあるわけですね。

夢占いでもドアを新しい世界への扉とみなします。

ドアを開けたり閉めたりする行為は、現実の私たちがドアに抱いている印象と強く結びついています。

ドアを開ける行為は、希望を持っている証であり、きっとすばらしい未来が待っているはずです。

しかしドアを閉める行為は、希望を自ら捨てている悲観的な気持ちを表しています。

ドアを開ける夢

ドアを開ける夢は希望を持っていることを表します。ドアを開けるのは、自分を変えたいからです。

いい未来を作りたいと切に願っており、前向きで明るい証拠です。

仕事でうまくいかないとき、人間関係や恋愛でうまくいっていないときにこの夢を見たら、どう解釈すればいいでしょうか?

新しい未来を変えるために、会社を変えたり、古い付き合いを切ったりするべきなのでしょうか?

ドアを開ける夢は必ずしも変化を訴えているわけではありません。

この夢は気持ちの変化であり、内面の成長なのです。

夢を見たからといって、転職を決意したり、恋人と縁を切ったりするべきではありません。

希望とは、まず現実を前向きに捉えることをいうのです。

希望を持っているからこそ、ドアを開ける夢を見るんだね!

ドアを閉める夢

ドアを閉める夢は凶夢です。ポジティブな性格をおさえこむ悪いエネルギーがあることを意味します。

前向きに考えようとするもう一人の自分がそこに立っているのに、ドアを閉めてしまう。つまり自分から自分の希望を捨てているのです。

ドアを閉める夢は、高いところからずっと落ちる夢に似ています。

高いところ

マイナス思考がマイナス思考を呼ぶ悪循環に入っている可能性があります。

参考:夢占い・落ちる/飛び降りる夢は優しさが不足して自暴自棄になっている兆候

ドアを閉める夢を見たら、自分のコンプレックスを見ないように心がけるべきです。

そして誰もがコンプレックスを持っていると考えましょう。負の悪循環に入っているのはアナタだけではありません。

うまくいくかいかないかは、究極のところ、コンプレックスを無視するかしないかの違いでしかありません。

ドアを壊す夢

ドアを壊す夢は、あなたに現状を打破する力強さとタフさがあることを意味します。

出る杭は打たれるということわざが嫌いなようです。むしろ出る杭になりたがるところがあります。

ドアはあなたを封じこめている社会や世間の空気、友だちの信用できない助言、家族の当てにならない小言です。

あなたはそうした言葉よりも、自分の考えを強く信じています。

結婚を反対されている人は、この夢で一段と決意が固まるでしょう。

自分の直感を信じるという決断です。

地方から都会に出ることを反対されている人は、都会に出るべきだという自分の直感に従うでしょう。

あなたの信じるものを貫いてください。

自分の人生は自分が決めるべきです。

ドアを開けられない夢

ドアを開けようとしても開けられない。そんな不思議な夢を見たら、自分に自信がなくなっていると思いましょう。

なにか大きな失敗がありませんでしたか? あるいは無謀な目標を他人から設定されていませんか?

自信がなくなっているのに、どうにかしないといけないという状況がありますよね。

そういう閉塞感でいっぱいのときにドアを開けられない夢を見るでしょう。

今の状況に苦しんでいない?

ルーチンワークの仕事を続けていたり、つらい試験勉強をしていたりすると、ドアを開けられない夢を見るかもしれないよ!

ドアノブをガチャガチャ鳴らしている夢

少し古いタイプのドアノブは、回すとガチャガチャ音が鳴りますね。

日常にありふれている、機械的で意味のない音です。

ドアノブをガチャガチャやっているということは、少なくともドアの先に行こうとはしていません。

この夢は言いたいことを言えない未来を暗示します。

怖くて言えないのでなく、言ったらクビになったり、減給になったり、激しく怒られたりする未来がわかっているから言えない。

あなたは決して勇気がないわけではありません。

ドアをガチャガチャ鳴らしている夢は、ブザーがずっと鳴っている夢と同じで、言いたいことが言えない苦しい環境を表すよ。

疲れたら適度に休もうね!

ドアを突き破っている夢

ドアを壊して前に進む夢は、破壊的に物事を決定している状態、またはそうしていくんだという強い決意を意味します。

誰かがドアを開けてこちらに入ってくる

この夢は、下のコラムにあるように、恐怖や不快感を表します。

なかなか直接的に表現することははばかれますが、誰かに監視されているような感じはありませんか?

もし「誰かから見られている」ような感覚があったら、すぐに誰かに相談しましょう。

この夢は無意識でそうした恐ろしい監視の目がある(かもしれない)ことを察知しているあらわれです。

ほとんどの場合、意識が過剰になっているだけでしょうが、万が一の場合に備えて、日頃から警戒心を持って生活しましょう。

夜道はなるべく家族や友だち、恋人といるようにしましょう。

夢占いでなかなかズバッと言えないのが、この「監視の目」ですね。監視されている恐怖は、無意識レベルで大きくなっています。ある一定のレベルを超えると、感性が恐怖を実感します。

コラム:幽霊はなぜドアを開けるか?

幽霊が出てくるドラマや映画で、幽霊は決まって屋敷のドアを開けようとしますね。

鍵をかけても、幽霊はなぜかその鍵を開けて、ドアをこじ開けてきます。

幽霊がいるかいないかという話は置いておいて、映像作品にこうした描写が多いのは、部屋の扉を開けるという行為が、幽霊が自分の内面に干渉するという恐怖や緊張を高めるためです。

幽霊の夢

誰かがドアを開けてこちらに入ってくるのは、誰かが自分の心を見ようとしている不快さや恐怖をイメージさせます。

こちらは心の扉を閉めているはずなのに、どういうわけか相手はその扉を開けるすべを知っている。

想像するとちょっと怖いですよね。

こうしたイメージから、夢占いでも、知らない人がドアを開けてこちらに入ってくる夢をあまりいい夢だと考えないわけです。

次のページ

夏目 ユメ

最初は趣味から始めた夢占い。今では長年の研究をこうして記事にするのが日課です。

家具・インテリアの夢

More...