【夢占い】雲の意味〜積乱雲(入道雲)や飛行機雲がある夢

自然

雲は形が変わるので、夢占いでは雲の種類ごとに雲の意味が変わります。今回は主に入道雲や飛行機雲について考えてみましょう。雲よりも雨が強調されていたら下の記事を参考にしてください。

参考:夢占い:雨が降る/止む夢(雨の中を走る夢、土砂降りや台風にあう夢)

雲に乗っている夢

雲より高い位置まで上れば、雨に降られることはなく、太陽の光をよりたくさん受けることができます。雲の上に乗っている自分を想像してください。南の島で日光浴をしているような感じでしょう。

この夢は近々自由になれることを意味します。ふとしたことから自由になるのです。自由は時間だけでなく、希望も生みます。新しい人間関係や恋愛も作るかもしれません。

雲の上を歩いている夢も、雲の上を走っている夢も同様に、自由や希望、そして快活さを表します。歩く、走るという動作はそれだけで快活さを伴います。逃げるという感じが強調されたら、歩く・走るよりも逃げるほうの力点が置かれます。

積乱雲の夢

積乱雲は入道雲と呼ばれることもある、縦に長い雲のことです。夏場によくできます。積乱雲は夏の風物詩の一つですが、大気が不安定である時に生まれること、そして局所的に大雨をもたらすことから陰のイメージも持っています。

積乱雲=大気の乱れ
→心の乱れ

積乱雲が夢に出てきたら心が少し乱れて、冷静な判断ができなくなっている兆候です。雨は涙の象徴でもあるため、心が乱れて悲しい気持ちに襲われることもあるでしょう。

積乱雲は夏(=明るい季節)の象徴でありながら、飛行機雲のような明るさはあまり持っていないのです。

飛行機雲の夢

飛行機雲を下から眺めている夢は、感情的になっている可能性を示します。ただし気持ちは明るく、前向きなので基本的には吉夢です。強い意志や動機は持っているので、困難なことが起きてもねじ伏せるように解決していく力はあります。

しかし気持ちが強すぎるあまり、突拍子もない行動をとってしまったり、感情的に突き動かされたりすることもあるでしょう。

飛行機雲が夢に出てきたら、自分のポジティブさを活かすためにも感情的な行動は控えるようにしましょう。必ず素晴らしい未来が待っています。

次のページ

夏目 ユメ

最初は趣味から始めた夢占い。今では長年の研究をこうして記事にするのが日課です。

自然の夢

More...