【夢占い】教会の意味(教会に行く、教会の鐘の音が鳴っている夢)

2018.07.09

教会と聞いて何を想像するでしょうか? おそらくキリスト教の聖堂、そして結婚式の舞台でしょう。どちらも聖なる場所であり、世俗的な発言や行動は慎まないといけません。

教会の意味

キリスト教では教会は多くの機能を果たしますが、その一つは信仰者の罪や告白を聞くことです。教会で手を合わせている様子を想像してください。そこで罪を告白して、身を清めていくのです。

教会では誰もが平等です。教会に行ったことがある人はこの「平等」という感覚を強く意識しているかもしれませんね。

古い教会

古い教会は霊的なイメージが強く、未知のものに対する本能的な恐怖などを意味します。少し怖がりなのに、ちょっとした恐怖体験が好きなタイプではありませんか? この夢を見たからとって運気が直接良くなったり悪くなったりすることはありません。

雨が降っている中の教会

雨が降っている教会はどこか暗く、自分以外の人が誰もいないような暗い世界をイメージさせます。自分一人で祭司に、自分が今まで隠してきた大変な罪を告げたいのかもしれません。

この夢を見たら自分の罪や悪と向き合う覚悟があることを意味します。いい意味で自分を変えようとしているあらわれです。

教会の鐘の音が鳴っている夢

夢占いで最も幸運の夢の一つが、教会の鐘の音が鳴っている夢です。鐘の音は幸福を象徴し、この夢はじきに幸福がやってくることを暗示します。

激辛おばちゃんの姓名判断

四柱推命館の姓名判断

十二星座

キャラクター占い

漢字辞典

色辞典

© ユメの夢占い診断